あまり見ない車の下回りは車売却の要所

人々は車を売却する際に、普段あまり見る事がない箇所を見る事になるかもしれません。例えば、車の下回りです。いわゆる車の縁の下の部分ですね。

自動車を普段利用している時には、その下回りの部分を見る事は恐らくほとんど無いと思います。車を運転するとなると、どちらかと言うと運転席などを利用する機会が多いと思います。全く下回りを見たことが無い方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが下回りの部分は、車査定では非常に大事な箇所です。

例えば以前に一括査定サイトを用いて、車を見てもらった方がいらっしゃいます。多くの業者がその方が持っていた車を見てくれたのですが、業者のほとんどは車の下回りの部分を見ていたのだそうです。体を仰向けの姿勢にして縁の下の部分に潜り、どのような状態になっているのかを確認している業者が非常に多かったそうです。

つまり車査定では、下回りは必ず見られる訳ですね。サビの有無が、見られるケースが多いと言われています。サビが付いていると、買取金額はダウンしてしまう可能性が高いですね。

ですので下回りは、車を売る上では非常に重要な箇所と言えます。このため車を売ろうと思っている方々の中には、査定を行う直前に下回りに体を潜らせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。普段はあまり下回りを見なくても、車売却をきっかけに下回りに初めて身体をを潜らせる方もいらっしゃるかもしれません。
ミラ 下取り
ただ理想を言えば、普段から下回りをチェックしておくのも大事だと思います。下回りがサビだらけになる前に、早めに手を打っておけば車の売却金額が下がるのを減らせる可能性もあるからです。特に雪国や海近くの地域に住んでいる方々は、たまに下回りに潜ってみるのも大事だと思います。